2016年12月12日月曜日

日本 ロシア 中国

ロシアがトランプ氏の大統領当選を支援した、かもしれない。

「トランプ氏当選のためロシアがサイバー攻撃」CIAが報告 オバマ大統領、退任までに調査を指示
http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/10/trump-russia-cia_n_13555526.html


そしてトランプ氏の中国に対する姿勢。。。

「一つの中国」疑問視のトランプ氏は「子ども」 米敵対勢力支援を警告、中国紙
http://www.afpbb.com/articles/-/3111026?cx_part=topstory

ロシアがトランプ氏を支援した理由は中国がロシアにとって危険だと考えているからかもしれない。
ロシアはアメリカに中国経済を潰して欲しいと願っているのかもしれない。

他国の政治、特に自国よりも強い国の政治に干渉するのはリスクがある。危険を承知の上で、敢えて干渉するのは、それなりの理由が必要になる。

ロシアがアメリカの政治に干渉するのは、ロシアのメリット(石油価格の上昇、中国の脅威の回避)が得られるからかな。

トランプ氏、国務長官に石油会社CEOを検討
http://japanese.donga.com/List/3/03/27/800498/1

石油価格の上昇、中国経済の減速もどちらも起こりやすい。。。

日本は外交的には漁夫の利、経済的には多少、ダメージを受けそう。
 

2016年11月30日水曜日

沖縄の米軍基地

2016/11/30. 沖縄の米軍基地

日本に米軍は居て欲しい。ただ沖縄には他の県よりも負担をかけているから、特別な補償が今よりもあっていい。

全体の為に、一部の人の自由が制限されるのは民主主義の原則だけど、沖縄は犠牲にされ過ぎだと思う。

米軍基地が日本から無くなれば、海洋開発と称した侵略を受けたフィリピンみたいな結果になる。

更に日米軍事同盟のバージョンアップを真剣に考えたらいい。日本がアメリカに護られるのではなく、互恵的な戦略軍事同盟まで格上げする選択肢を増やすのもありだと思う。

アメリカに背中を任せてもらえるまで日本が強くなるチャンスがトランプ大統領政権。

2016年10月15日土曜日

長く働くより、永く働く

2016/10/15. 長く働くより、永く働く

長時間労働で身体を壊すより、より永く働ける様に準備した方が良いな。
永く働く方が、下手に投資に手を出すよりローリスクハイリターンな気がする。

問題は周りの空気かな。周りに悟られずに第二の人生の準備をするのが一番。

2016年10月10日月曜日

医療技術の進歩と世代交代の遅滞

2016/10/10. 医療技術の進歩と世代交代の遅滞

日本の政治の世代交代が中々進まないのは、医療技術の進歩と相関があるのではないか?と、ふと思った。


森喜朗氏、がん手術を受けていた「痩せるような思いで頑張っている」
http://m.huffpost.com/jp/entry/9559900

2016年10月2日日曜日

水力発電は温暖化を加速する

2016/10/1 水力発電は温暖化を加速する

まとめ:水力発電は二酸化炭素排出量の削減に貢献すると思われている。しかしダムの生態系破壊の衝撃を考慮すると、水力発電は温暖化を加速する。


Hydropower is accelerating global warming, study says
http://www.pulseheadlines.com/hydropower-accelerating-global-warming/51365/

2016年9月18日日曜日

Siriとゾルタクスゼイアン:ゼルダの伝説 卵運び

2016/9/18 Siri とゾルタクスゼイアン

Siriに出てくるゾルタクスゼイアン
Zoltaxian は4つの単語に分けられる。
An AI x At LOZ
LOZはゼルダの伝説の英語の略称。英語のアナグラムは面白い。

卵運びは人工知能の開発チームが、競わせたゲームだと思う。
ゼルダの伝説に卵運びのミニゲームがある。

開発秘話に繋がることだから、守秘義務があるのかもね。
フリーメイソンは関係ないのでは。






2016年9月3日土曜日

人工知能の活かし方としての内部告発の窓口 Whistle blowing by using A.I.

人工知能の活かし方として、内部告発に活かせると思う。
Using A.I. with whistle blowing will be main stream in future.

2016年6月5日日曜日

奨学金

奨学金制度
http://matome.naver.jp/m/odai/2135484585015342201

自分も大学院で借りてたけどね。4年間で200万円近く返して、完済した。結局、借金してまで学問を学ぶかどうか?の問題。

あまり無理して学歴付けるより、若さで企業に売り込む方が良い場合もある。
理系は大学院に行くのが前提ではない。今の時代なら理系大学卒業でも雇う企業は沢山ある。

奨学金制度というより学生ローンだからこそ、自分への投資に値するかを考えてみて、申し込めば良い気がする。

2016年5月16日月曜日

心理の壁と物理の壁:低ストレス社会

目的を持って成し遂げようとする時の壁は2つ。心理と物理の壁。この2つの壁は乗り越えるべきであり、また守るべきでもある。

心理の壁が無くなれば、無制限の自由が得られるのではなく、自我が肥大化して希釈される。能力は自由により伸びるのではなく、制限により伸びるのではないか、との仮説を立ててみる。

適切な制限は飛び抜けた能力を生み出す。
特に発達障害の方達が顕著な例。

では組織やモノに当てはめてみる。
例えばハサミ。どのような大きさ、形、厚さのモノでも切れるなら、無用の長モノになる。適切な制限は使い易さという能力を生み出す。

次に組織。日本経済。資源が無い、エネルギーが無い。だからこそ超効率社会を生み出した。次なる課題は人がいない。この課題にどう応えるか?が問題。

人がいないなら、連れて来れば良い、は知恵が無い。

自分なりに答えを出せば、低ストレス社会を目指す。
社会全体のストレスを減らす。
人が集中をしている、もしくはリラックスしている時間を増やす。社会全体がストレスを減らすことに焦点を合わせることで可能になる。

心理の壁にぶつかる頻度を減らすことに焦点を合わせる。心理の壁を低くするのが規制緩和なら、心理の壁の衝突頻度を減らすのは低ストレス化。

日本経済を活性化する方法は沢山あるはず。実行するしないは別だけど。

壁を取り除くのではなく、壁にぶつからない社会も悪くないはず。

2016年5月4日水曜日

企業の不正発生メカニズム


定義:企業の不正とは、企業活動の業務上で起きる不正の全部を含む。不正とは、犯罪、偽証、偽造である。

1.不正発生の真の原因

 3つの環境条件

・企業文化全体の短期的利益追求姿勢:短期的な利益を求めることにより、長期の権
  益、特に信用を見逃す姿勢

 ・肩書・地位による権威主義:上位の役職者に異なる意見をぶつけられない体質

 ・高度に分断化・専門化した職種・職能制度:「知らなかった」という言い逃れのしや
    すい状況

2.不正発覚からの対策から見えること

 3つの環境条件が整った会社において、企業の不正は「個人の不正」へと置き換える。

3.不正を「個人の不正」に置き換えないための対策法(提案)

 「知らなかった」:上位の役職者が下位の役職者の仕事を把握しない。

  ⇒善意の第三者を装う。上位の役職者に第三者の立場は成り立たない。

  ⇒{下位の役職者の不正の量<上位の役職者の、下位の役職者の不正により負う責任}
    下位の役職者の不正の量よりも大きい責任を、上位の役職者は常に負う。

2016年3月11日金曜日

GDPは魔法の指標?

全ての社会問題はGDPを大きくすることで、解決するのか?
ほとんどの社会問題は経済成長では解決しない。
問題の根源は何かを見極める力が衰えた日本に問題解決が出来るのだろうか?
自分にも言えることだけど。

2016年3月10日木曜日

共有地の悲劇

共有地の悲劇は、社会全体の財産であるギフテッドでも起こる。特に2eになる理由は共有地の悲劇だと思う。

2016年3月9日水曜日

限定合理性と共有地の悲劇

ドネラ・メドウズの本を読みつつ。
中国が一人っ子政策を止めた理由は、地球の資源が限定されているから限定合理性が発動しただけなのではないだろうかな。
人類の人口増加は地球の資源が有限だという認識が強まる程、加速し出す。
そして最後に地球という共有地が崩壊する。

2016年2月27日土曜日

すごい技術

海底の熱水で金銀など「養殖」へ 海洋機構など装置開発

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160226-00000054-asahi-bus_all

従来の金が持っている価値が無効化される。すごいな、この技術。
金持ってないけど。

2016年2月13日土曜日

思考実験 箱の中のネズミ Thought experiment Rats in the box

Do rats increase to infinity numbers in the box?
One pairs of rats in the box.
There are limited sources such as lands area, foods and water.
Rats are increasing.
When do rats stop to increase?
Limited sources are bottle-neck.
What do rats to do?
Kill their friends, Stop to born baby and Go outside from box.
There are these three ways.
The box is named "EARTH".

閉じた系でネズミは無限増殖するのか?
箱の中に閉じ込められた一対のネズミ。
箱は有限の土地、食料、水がある。
ネズミは増えていく。
どこでネズミの増殖は止まるか?
資源がボトルネックになる。
ネズミはボトルネックにぶつかりました。
どうする?
共食い、子供を産まない、箱の外に出る。
基本的にこれら3つの方法がある。
箱の名前は地球。

 

2016年2月6日土曜日

日銀のマイナス金利

物価上昇が見込まれたレベル以下だから、マイナス金利を導入したとのこと。上昇が抑えられた理由は石油価格の下落。
ではマイナス金利を導入したら、石油価格は上がるのか?
それとも他の物価を上げたいのか?
奇策というより、バブルをオリンピックまで継続したいだけだと思う。
石油価格などの商品価格は、サイクルとして今年から15から25年程度は低調になる。
もしも他の物価を上げたいのならば、ワイルドなインフレ、つまり"Wild inflation "しか起こらないでしょう。
*ワイルドなインフレとは、造語。かつて好景気を引き起こしたマイルドなインフレとは、対極のスタグフレーション。